月経困難症

月経(生理)の開始に伴い下腹部・腰痛などとともに頭痛、悪心、嘔吐などの症状を伴い、月経(生理)終了後に症状が消失または軽減するものを月経困難症といいます。
月経困難症は、その原因により以下の2つの病態に分類されます。

機能性月経困難症

骨盤内に、特別な器質的な原因がなくほとんどの月経困難症がこれにあたります。

器質性月経困難症

子宮内膜症、子宮筋腫、子宮や卵巣の炎症などが原因となります。

診察・検査

問診:症状の程度とその出現時期を確認します。
超音波検査:子宮・卵巣に子宮筋腫、子宮内膜症などがないかを調べます。
血液検査:ホルモンの状態、貧血などを調べます。

治療

消炎鎮痛剤:痛みに対して使用します。
漢方薬:芍薬甘草湯などが有効です。
低容量ピル:消炎鎮痛剤や漢方薬で効果が無い場合に使用します。
ピルを服用することで、月経痛や腰痛などの症状を改善します。ピルの種類によっては
イライラや、鬱症状、不安感や不眠などの精神症状を改善できるものもあります。
子宮筋腫、子宮内膜症などがある場合は、その疾患の治療を行います。